Skip to content

ノベルティの作り方あれこれ

何かお祝い事があるとき、あるいは会社などが節目の創立年を迎えるときなどに用意されるのがノベルティです。

晴れの舞台に添える品ですから、贈られた人があとで見返したときに喜べるものを用意したいところです。最近では個人で開催するイベントなどでも凝ったノベルティが配られることがありますが、作るにあたって気をつけなければならない点があります。まず、TPOをわきまえるということが大事です。記念の品となるものだからとにかく豪華に派手にと思う気持ちはわかります。

しかし、その場に合ったものでなければ、せっかくの記念品も台無しです。たとえば、高齢者が対象のイベントに若者向けの流行の品を用意したり、主婦に向けた集まりに日常生活からかけ離れた贅沢品を用意してもミスマッチです。自己満足にならず、その場に参加した人が喜ぶノベルティを作るようにしましょう。また、製作の発注先を慎重に検討することも重要です。従来は、オリジナルのノベルティを作るとなれば専門の会社に依頼し、直接会って何回も打ち合わせをし、料金も時間もそれなりに必要とするのが一般的でした。

けれども、現在は電話やメールによるやり取りだけで、短期間に安価でしかも高品質な品物を作ってくれるサービスが普及しています。必ずしもたくさんのお金と時間をかける必要はないので、発注先はよく調査して決めましょう。贈られる人たちのことを考え、その場にふさわしい品であるかを見失わなければ、素晴らしいノベルティが出来上がります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *