Skip to content

ノベルティで効果を出すためのコツ

ノベルティグッズの鉄則は、実用的なものであることです。

ノベルティを配布する第一の目的は、企業のPRにあるわけですから、なるべく長く手元に置いてもらって、自社の名前を覚えてもらうことが必要です。もらった直後にゴミ箱に放り込まれてしまうようなグッズではまったく役に立ちません。タオルやボールペン・ティッシュなどのような、実用的でもらっても困らないようなものがベストです。季節に合ったノベルティを配布するというのも大事です。例えば、花粉が飛ぶ春先などには、ポケットティッシュは喜ばれるでしょうし、マスクなども悪くありません。

このように季節ごとの需要を意識してグッズを配ると、消費者には喜ばれますし受け取ってもらいやすいです。逆に季節感を無視したようなグッズ配布では良い結果は望めません。例えば、真冬に団扇を配ってもまったく喜ばれませんし、すぐに捨てられてしまう可能性もあります。ノベルティは実用性が大事ですが、しかし他社と同じようなものばかりをつくって配布しても、インパクトが薄くなってしまうことは否定できません。

ティッシュやボールペンなどは実用的ではあるのですが、どこの会社でも作っているためインパクトには欠けてしまいます。そこで時には意外なものをノベルティにしてみるのも良いでしょう。例えば、食品を使うというのも面白いです。自社の社名を刻印した飴やせんべいを配布してみたり、ロゴマークをプリントしたパンを作ってみれば、かなりインパクトがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *