Skip to content

飴でノベルティを作ると喜ばれる

金太郎飴といえば、棒状に作った飴のどこを切っても断面に同じ絵柄が現れることで知られる飴のことです。

大正や昭和の初期には既にあったと言われる、日本に昔から伝わる伝統のお菓子といっても過言ではありません。この金太郎飴は職人に製作してもらうのですが、特別に注文することで社名や人の似顔絵を入れてもらうということも可能です。個数もたくさんできるという点から、この金太郎飴はノベルティにも向いているでしょう。ノベルティとして飴を使うことは、様々な観点から意外とオススメできます。

まず、賞味期限が長いのでもらった相手が慌てて食べずにすみます。用意してからイベントで配るまでに期間があっても、賞味期限のことを心配する必要もありません。さらに、小さな飴なので複数個を袋に入れたとしても荷物として場所を取らず重くならないというメリットもあります。イベントに持ち込んだり、相手に渡す際にも重いものに比べると喜ばれます。

甘いものが苦手という人は少なくありませんが、飴をもらって困るという人は少数派なので安心して配ることができるというメリットもあります。他にも文房具などに印刷をしてノベルティとして配ることもありますが、ボールペンなどはあちこちで配っているため他と差がつきにくくなってしまうので注意が必要です。その点、飴はあまり使われない方法ですから目立つことができてしまいます。食べるとなくなってしまうため、家にものが溜まるのが嫌という人には意外と喜ばれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *