Skip to content

ノベルティグッズの役割は2通りです

ノベルティグッズの役割は2通り、クライアントや株主の方々に社名を覚えてもらう事と、一般消費者の方々に商品名やサービス名を覚えてもらう事です。

ビジネスの基本はマーケティング活動にあり、社名や主力製品の名前を正しく覚えてもらう事が、利益に結びつきます。特に近年は多種多彩な企業が国内外に存在しており、競合他社の数がそもそも増えているはずです。似たようなサービスや製品を扱うライバル企業が増えてきた環境だからこそ、一字一句漏れる事なく、ノベルティグッズを活用して社名と製品名を広く世間にPRしなければなりません。

現実問題として人の記憶は非常に曖昧な物であり、店頭やネットで魅力的な製品やサービスを見かけた時も、正確にその社名や商品名を覚える人は少数派です。イベントや企業説明会やセミナーや店頭などで、ノベルティグッズを配布すれば製品名と社名をセットで覚えてもらえますので、非常に効果的となります。

色々なマーケティング活動の方法がありますが、低コストで良いリアクションが直ぐに得られるのは、ノベルティグッズの製作と配布です。自社のメインターゲットが決まっている場合であれば、その層に向けて特化したノベルティグッズを制作するのも良いアイデアでしょう。大企業だけが選べる方法だと思われがちですが、最近は小ロットからでも普通にオーダーが可能、地方自治体や中小企業、個人の店舗でも充分発注が可能ですので、安心出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *