Skip to content

ノベルティグッズは目的によって異なる

ノベルティは、オリジナルグッズをつけることで企業が商品やサービスの促進を図ることを目的としています。

企業が何を目的としてノベルティを配布しているかによって、方法や内容が異なります。一般的には、まず目的を明確に決めてからターゲット層や規模・予算を決めていき最後にデザインを作成します。一番多い配布方法が、新商品や新店舗などたくさんのお客さんに告知したいときに効果的な街頭や店頭での配布になります。配布のタイミングとしては、早く配りすぎたり遅く配ると効果が薄れてしまうためできるだけ余裕を持って配布することが重要です。

できるだけたくさんの人に告知しなければならないため、配布数は多くなります。そのため、品物の価格は抑えて街中に歩いてる人が受け取りやすいサイズのものを選ぶ必要があります。続いて、展示会や新商品の発表会など来場者限定で興味のあるお客さんへの告知として効果的なのがイベントでの配布になります。

例えば、展示会をしている場合はそのブランドに集まってくれた方にノベルティを配ることで認知度を高めることができます。こちらはオリジナリティがあるものが好まれやすく、おしゃれなデザインにすることが望ましいです。配布数は限られていますが、SNSや口コミなどで広がることも多く企業のイメージを高めるためには十分な効果があります。このように、ノベルティと一言で言っても何を目的にしているのかによって配布方法や内容が変わります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *