Skip to content

ノベルティグッズを配布して顧客獲得

効果のあるノベルティグッズの選び方は、常に生活の中にとり言えてもらえるアイテムが成功の鍵になっています。

1番の目的は、消費者に対して企業名やブランド名を覚えてもらうことにあります。従って一部の人だけが好むようなデザインや、ファッション性は必要ではなくあまり個性的なものは万人受けしにくいです。たくさんの人に使ってもらえる機会を失う可能性もあり、コストだけがかさむ結果になります。日常的に使うタオルのようなノベルティは、企業名やブランド名を印刷しやすいというメリットがあります。

タオルをもらっても、企業名が入っているからという理由で処分する人はほぼいないことがわかります。日常生活の中で使ってもらえることに成功すれば、消費者がそこへ印刷されている名前を目にする機会も増え認知度を上げることができます。販促物を選ぶときは、消費者の生活の中で自然に名前を覚えてもらえるものがベストです。

ノベルティを配ることが最終地点ではなく、そこから企業が主に取り組んでいる活動を利用してもらう必要があります。マーケティングに対して、商品名やブランド名について、接触回数が増えれば顧客が親近感を抱きやすいということがわかります。ザイオンス効果と呼ばれていますが、マーケティングで成功させるために企業や商品のファン・リピーターになってもらうことが目的です。普段から使っている日用品に印刷されている企業名などを見ることにより、顧客は自然に親しみを覚えることになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *