羽毛布団を修理する時期 - できるだけ長く羽毛布団を使うために修理を

羽毛布団を修理する時期

軽くて温かい羽毛布団は冬には欠かせないアイテムですが、長期間使用するとボリュームがなくなったり温かさが軽減する。


側生地が汚れてしまう。

羽毛が飛び出してくるなどの症状が現れてきますから定期的に修理やメンテナンスを行う必要があります。

羽毛布団の修理の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

普段羽毛布団を干したりカバーを洗濯するから大丈夫だと思っている人もいるかもしれませんが、中の羽毛は皮脂や汗を吸収して汚れが付着していますしダニやノミが発生している可能性も高いため、きちんと修理を行い中の羽毛を洗浄する必要があるといえます。



羽毛布団の修理にはいくつかの方法があります。
もっとも簡単な方法は丸洗いをするという方法ですがその場合ちぎれたりした不要な羽毛はそのまま残ることになり、ボリュームもそれほどよみがえりません。

一方一度布団を解体して中の羽毛を取り出し使用できる羽毛だけを選別して洗浄・乾燥を行ったものを、新しい側生地に入れて仕立て直すという修理を行った方が、新品同様によみがえり温かさやボリュームもアップさせることができます。

近年羽毛の価格も高騰していますから、購入時と同程度の布団を手に入れようとした場合同じ金額では購入することができません。



修理を行った場合には新品を購入するよりも費用を抑えることができますし、粗大ゴミを出す手間も省くことができます。


なによりもエコにつながりますから羽毛布団を長く使い続けるため定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。