羽毛布団は修理をした方が得 - できるだけ長く羽毛布団を使うために修理を

羽毛布団は修理をした方が得

羽毛布団を長い期間使用していますと、羽毛が潰れてしまいふんわり感がなくなってしまったり、羽毛が外に飛び出してきたりしまうことがあります。

羽毛布団の修理情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

こうした状態になった布団を処分して、新しいものを購入する人もいるでしょう。気になることは、新たに購入するのと修理して使い続けるのと、どちらがお得になるかということです。



羽毛が高騰している近年では、修理できる状態であればリフォームして使い続けた方が断然お得になります。ただし、対応できないものもありますので、専門業者に確認する必要不があります。また、膨らみのなくなった羽毛や中身のダウン比率の羽根が多い場合などは、足す羽毛の量が増えてしまい料金が高くなります。購入価格より直す費用が高くなる場合は、見合わせた方がいいでしょう。


修理可能な羽毛布団のポイントはいくつかあり、そのひとつに品質があります。
入っている羽毛の量が、8割以上である布団かということです。
昔のものや低価格で購入したものは、羽毛が5〜7割と少なく膨らみも弱く、修理して使い続ける価値はないでしょう。
また、15年以上使用している羽毛布団も、修理は難しい状態と考えられます。



長く使っていても、高価な品質の高い羽毛が使用されているものであれば、リフォームできる場合もあります。

作業内容は、側生地を取り替え、中身の羽毛を丸洗い洗浄した後に、機械で埃や羽毛のカスなどを取り除き、新しい羽毛を追加します。

こうして、新品に近い状況の布団に変わります。