• オーダーメードでダンボールを作る

    物流や倉庫業では、クライアントからの依頼で様々な商品の梱包と発送を行っています。

    例えばA4の冊子ならそれに適したダンボールを用意しておいて、すぐに詰められる様にしているのですが、それが特殊なサイズだった場合、少し面倒な事になります。瓶を2本と四角いグラスを同じ梱包にしてほしい、などと言われた場合、簡単に四角いダンボールに入らないので頭を悩ませる事になるのです。

    ダンボールのオーダーの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

    もちろん大きな箱に入れて詰め物を入れれば要件は満たしますが、まず見映えが悪い事と、箱が大きくなるほど配送コストが上がるので仕事としてあまり良くありません。



    そこでダンボール工場に連絡して、オーダーメードで作ってもらう事になるのが一般的です。

    オーダーメードの問題点は、初めて作る時に金型を作る必要があるところです。ダンボールというもの自体は非常に安いのですが、金型はまた特別に作る別物なのでそれだけで数万円掛かるのが通常です。そして、多くの場合クライアントは上手くやってくれればいいぐらいの感想なので、追加費用にはうなずいてくれません。



    オーダーメードにしなければならないが、費用は掛けられないという事で頭を悩ませた結果、次の時も使えるからコストは自社で被ろう、という判断になる事が多いのです。

    実際に何パターンかの種類で使えるダンボールを作れれば悪い話ではないのですが、基本的にそう簡単に使い回せるものではないのでお蔵入りになる場合も多いのです。

  • ダンボールの知っておきたい情報

    • ダンボールは梱包や緩衝など、色々な目的で幅広い場所で活用されています。そして場合によっては、既製品を使用するのではなく、形状やサイズを指定するオーダーメイドができることもあります。...

  • 大事なダンボールの事

    • ダンボールは消耗品であるため、定期的にオーダーして在庫を揃える必要があります。この仕入れをネット店で利用すると、コストを抑えることができます。...

  • ダンボールの知っておきたい常識

    • 軽くて丈夫なダンボールは、リサイクルすることができ、森林保護の観点からも需要が高まっています。表面の板紙の間にライナと呼ばれる中しん原紙が挟まっており、そのトラス構造が丈夫さの秘密です。...

  • ダンボールの意外な事実

    • 綺麗な段ボールは、生活の中でいろいろなシーンで役に立ちます。段ボールがあれば、荷物を収納するのに便利です。...